【妊活】排卵検査薬ハイテスターHの使い方!タイミングの取り方は?

皆さま、排卵検査薬を使っていますか?

私は一度妊娠した際に排卵検査薬を使用してから、今も使い続けております。

今回は、私が使用しております排卵検査薬の『ハイテスターH』の使い方や、タイミングの取り方をご紹介いたします。

使い方が分からない、という方は是非読んでみて下さいね。

こんな人にオススメ
  • ハイテスターHを使っている方
  • 排卵検査薬を使ってみたい方

説明書通りに使用していますが、自己流のタイミングの取り方をしていますので、参考程度に留めてくださいね!
そのタイミングの取り方で過去に妊娠出来ましたので、大きな狂いはないかと思います。
よろしくお願いします!

ハイテスターHとは?

黄体形成ホルモン(LH)は女性ホルモンの一種で普段から少量分泌されていますが、排卵の前に分泌量が急激に増加します。このLHの大量分泌をLHサージといい、LHサージから約40時間以内に排卵が起こるといわれています。排卵日予測検査薬は尿中のLHを検出し、LHサージをとらえ排卵日を予測します。

引用元:ハイテスター公式サイトより

ハイテスターHは、LHサージをとらえる事が出来る排卵検査薬です。

この排卵検査薬は、妊娠をするためのものですので、避妊の目的では使用できません!

ハイテスターHの判定方法

排卵検査薬は、排卵日が近づくにつれて判定線が濃くなっていくものが多いのですが、ハイテスターHは判定線の数で、陽性かどうか(排卵日付近か)を判断します。

イメージ画像作りました!

左のドゥーテストなどの排卵検査薬は、判定線の濃さで排卵日を特定します。多くは排卵の1日前か当日が一番濃くなる、いわゆる強陽性となります。

一方のハイテスターHは判定線が前日に比べて本数が増えたかどうかで陽性を判断します。

例の画像ですと、排卵日2日前から1日前に掛けて線が増えました、この時点で陽性となります。初めて陽性になった日かその翌日が排卵日です。

ちなみに前日が0本、翌日が1本の場合も陰性と判断しますよ!LHサージの時期は、判定線が2~3本になるので、0~1本は普段の状態です。

後でまた詳しく自分なりのタイミングの取り方などをご紹介しますよ!

ハイテスターHの使い方

次に、ハイテスターHの使い方についてご説明しますね。

検査開始日はいつ頃?

ハイテスターHを使い始めるタイミングは、次回生理予定日の17日前からです。

この例ですと、12日から計測し始めます。

ハイテスターの公式サイトで、簡単に自分の検査開始日が分かるページがございます。ご自身の次回生理予定日を入力してみてくださいね!

生理不順の方でも入力する項目がございますので安心してください。

カレンダーはコチラから→『検査スタート日計算ツール

何時に検査するのがいい?

次に検査をする時間帯ですが、このハイテスターHは、朝・昼・夜いつの尿でも検査できます

ですが、検査開始日から毎日ほぼ同じ時間帯に検査を行ってください。LHサージの期間が短いため、より正確にタイミングを把握するには、時間帯を合わせた方が良いからです。

私は、いつも大体同じ時間帯に起きるので朝一の尿で検査をしています。

ぼんぐ

いつでもいいと説明書にも記載されているので、お好きな時間帯で検査をしてくださいね!

採尿するにあたっての注意点は?

採尿するにあたっての注意点ですが

  • 濁りのひどい尿はなるべく使用しない
  • 検査前の4時間程度は出来るだけ排尿しない
  • 検査前の最後の排尿から検査までを毎日ほぼ同じ時間を空ける
  • 検査前に水分を過剰に摂取しない
  • 検査前に多量の発汗を伴う運動はさける

とのことです。(説明書より)

私は結構トイレが近いタイプなので、4時間も空けるのキツイなぁと感じたので朝一の尿で検査していますよ!

この注意点に気を付けて、検査してみて下さいね。

タイミングの取り方は?

過去に妊娠した周期についてお話ししますね。

実物の写真は変色していて、とてもお見せできる状態ではないので再現イラストです。

この周期の時は、アプリでの排卵予測が少しだけ前倒しになっていたんです。この画像で言うところの4日目が排卵予定日でした。

検査を開始した日(1日目)と2日目は線の数が変わらなかったので陰性。

ですが、アプリの排卵予測が4日目の時でしたので、タイミングは取っていました。

ぼんぐ

諸説ありますが、排卵日の2日前が妊娠しやすい時期と言われていますよ!

2日目から3日目で線が増えましたので、陽性となりました。

ハイテスターHでは、初めて陽性になったときから約40時間以内に排卵が行われると言われています。

この時は前日にタイミングを取っていたのでお休みしています。

そして次の日の、3日目から4日目に掛けてまた線が増えたんです。どっちが正しいんだ!?と、なりますよね💦

公式サイトより、一部加工してます


公式サイトによりますと、100mIu/mLのとき判定線が3本出ると記載されています。

LH(黄体形成ホルモン)のピークは100mIu/mL以上だそうなので、3本線が出たということはLHサージのピークということだと思います。

LHのピーク後、10~12時間以内に排卵されると言われています。

この3本線が出た日の夜にタイミングを取るでは、多分遅いのですが一応取っていました。

ぼんぐ

卵子は排卵されてから6~24時間しか生存できないので、下限の6時間だと本当にギリギリな感じです

画像で言うところの3日目がベストタイミングだったと思うのですが、一応妊娠は出来ましたのでこのようなペースでもOKかなと思います。

ただ、やはりタイミングは早めに且つ多めに取っておいて損はないなと感じました。


私のように、1本から2本、2本から3本と増えている方があまりいらっしゃらないので、参考になれば幸いです💦
※前日1本、翌日が3本だった場合は、当日なるべく早くタイミングを取るのがいいのかなと思います。

Point!
  • 3本線が出てからだと遅い可能性あり
  • 陽性が出たらその日にタイミングを取る
  • 検査開始日からタイミングを取っておくとなお良い

以下に参考サイトをまとめましたので、ぜひ目を通してみて下さいね!

まとめ

排卵検査薬のみで排卵日を特定するのは難しいですが、基礎体温よりは分かりやすいかと思います。

基礎体温法では、体温が一番下がった日が排卵日と言われていますが、人によってはその当日だったり、直前だったり翌日だったり、翌々日だったりするんだそう。

ですので、排卵するときに分泌されるLHをとらえた方がより確実なんですね。

タイミングとしましては、検査開始日から1日置きに取っておき、線が増えた(陽性になった)時にも取るのが一番いいかなと思います。

連日タイミングを取るのが難しい場合は、家庭用のシリンジキットというものがございます。自宅で簡単に人工授精みたいなものが出来るものですね!

気になった方はぜひチェックしてみて下さいね。

シリンジ法キット販売サイト



ハイテスターHは分かりにくいといった声もよく聞くのですが、私は濃淡で判断する排卵検査薬の方が判断が難しかったので、ハイテスターを愛用しています。

この記事で疑問点が解消すれば嬉しいです。

もし分からないことがありましたら、おっしゃってくださればわかる範囲でお答えしますよ!

それでは最後まで読んでくださってありがとうございました✨

ぼんぐ

応援のクリックをしていただけますと本当に励みになります🙏

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です