【初心者さん向け】妊活で心掛けていることをまとめてみた

初期流産してしまったとはいえ、妊娠したのは事実・・・。現在、回復もしており、また妊活を再開する予定です✨

なので、現在進行形で妊活に励んでいることになります。

流産する前の周期から、気を付けている点や心掛けている点がいくつかございまして、今回はそちらをまとめていこうかなと思います。

自分の今後のためにも備忘録として、また今後妊活される方にも参考になれば嬉しいです。

妊活中に心掛けていること3選

妊活をされている方は各々で心掛けていることがあるかと思います。体質改善をしたり、食材に気を付けたり。

私もたくさん実践して来ましたが、特に気を付けていたことが3つありますのでご紹介させていただきます。

妊活に入る段階の、心構えや準備段階については「【妊活】歳の差婚における妊活で大事なことや心構えは?」でご紹介しています。ぜひご覧ください🍀

睡眠を沢山取るようにする

寝ること自体がすごく好きで、大体7~8時間は寝るようにしています。通勤していた頃も、寝不足にならない程度には睡眠を取っていました。

疲れた時にぐっすり眠れると本当に心地よいですよね。逆に寝過ぎると寝疲れしてしまうので、寝過ぎには注意しています。

今はリモートワークで通勤も必要ないので、寝すぎないようにするのが大変です💧笑

睡眠不足は女性ホルモンの分泌にも影響されるようです。女性ホルモンのバランスが乱れますと、生理不順を引き起こしてしまう可能性もございます。

日々忙しい毎日を過ごしている現代人が睡眠時間を確保することは難しいかもしれません。

そんな時は夫婦で協力してみてください。妊活は夫婦二人三脚で行うものです。二人で家事を行えばその分早く終わって、睡眠時間を確保出来るかと思います😊

私の夫も、たくさん家事を手伝ってくれて早めに就寝することが出来ています。

ストレスを溜めない

ご紹介する3つの中で最も重要なことが、このストレスを溜めないということだと思います。

ストレスを溜めない、受けないようにするのは現代社会において中々難しい問題かと思います。ですが、妊活をするにあたって本当に大切な要素だと思っています。

ストレスを出来るだけ溜めないように、受けないようにするため以下のことを特に気を付けていました。解説を含めてぜひ参考にしてくださいね。

基礎体温を測らない

妊活において、基礎体温はめちゃくちゃ大事です。排卵のタイミングをみたり、高温期が続いていれば妊娠しているかどうかも判別できます。

しかし、逆を言えば体温が下がれば生理が来てしまうということです。

私は、この排卵期を過ぎたあたりの検温がイヤでイヤで仕方ありませんでした。

H14日以降、いつ下がるかも分からない体温を測る辛さ・・・。妊活をされている方なら想像できるかと思います。

下がったらどうしよう、下がるのがイヤだから、ちょっと口に力を入れちゃおうとか、無駄な足掻きをしていました。

そして、あまりにもイヤだったのでもういっそ測らないでいいや。と思って、測るのを辞めた周期に授かる事が出来たんです。

たまたまだとは思いますが、自分の中ではかなりストレスだったので、やめてよかったかなと思います。

これは今後も続けようと思っています。排卵のタイミングは排卵検査薬などに任せれば良いですし。

私のように検温がストレスになっている人は、思い切ってやめることも手かと思います

不必要に産婦人科へ行かない

妊活をしている方なら一度は経験がおありかと思いますが、妊婦さんを見ることが苦痛で仕方ないです。

一度は妊婦になった身ですが、今はもう違うので純粋に羨ましいなとか、私もまたそっち側に行きたいな、と思ってしまいます。

妊婦さんには申し訳ないのですが、心の余裕がないのです。

化学流産後も、病院で排卵のタイミングを見てもらっていたのですがどうしても妊婦さんを見るのがイヤで、病院に行かなくなってしまいました。

上にも書いた通り、排卵のタイミング排卵検査薬で賄っていました。外出も怖い時期ですし、無駄なストレスを受けなくていいので。

病院でタイミング見てもらっても妊娠できた試しがないし、と開き直って産婦人科へは不必要に行かないように徹底していました。

私のようなタイミング法で妊活をされている方は、病院で排卵のタイミングを見てもらうのではなく、排卵検査薬で試してみてはいかがでしょうか?そのおかげで、私はずいぶんリラックスして妊活に臨めました

体を温める

妊活をされている方は温活という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

私は、SNSで情報を集める前はそんな言葉は知らなかったのですが、色々と勉強したり情報収集をしていくうちに、温活という言葉を知りました。妊活をされている方のほとんどが実践していらっしゃるみたいです。

温活とは 温活とは、健康を維持するために適正な体温まで基礎体温をあげること。日ごろから体を温める習慣をつけること。 体温を上げることで、冷えの改善につながり様々な体の機能を高め、健康面や美容面にいい効果が期待できます。

温活は、妊活している人ももちろんですが、普段冷えが原因で不調を感じている人にとっても、メリットがたくさんあるみたいです。

私は、基本的に足先や指先が冷える末端冷え性です。ですが、手足の冷えは全身の冷えのサインだそうです。それだけで全身が冷えていることが伺えますね。

冷えは妊活の大敵です。なるべく冷やさないように、頑張って温活をしていきましょう。

これから、温活で私が実践していることをまとめていきます。実際に妊娠に繋げる事が出来たので、妊活を再開した今も続けようと思っています。参考にしていただけると嬉しいです🎵

裏起毛のものを履く

私は普段、リモートワークで基本的に在宅しているのですが、その間スウェットや靴下は裏起毛のものを履くようにしていました。

裏起毛のものを履くようになったのはつい最近のことで、今まで薄いスウェットに靴下も履かず、スリッパのみで生活していました。夏場は短パンに素足でした・・・。

11月に入るし、温活なるものがいいと聞いたから試しに裏起毛のものを履いてみるか。と試しにずっと着用して生活したところ、その周期に妊娠が発覚しました。

たまたまだとは思いますが、体を温めて損はないので履いていて正解だったと思います。

靴下を履くのは起きている時だけで、寝ている間は外していました。寝ている間の靴下はよくないと聞きますもんね。

そのワケは血管が締め付けられて血流が滞り、逆に冷えてしまうということだとか。もし冷えがひどいのであれば、足首を温められるレッグウォーマーを履いてみてはいかがでしょうか?

こちらも締め付けないタイプがいいそうです🙆‍♀️

湯たんぽを抱えて寝る

寝るときに湯たんぽを抱っこして寝る、これ本当におススメです・・!!

熱すぎない温かさで、じんわりと温めてくれるのが本当に心地いいんですよね。朝に向けて徐々に冷めていくのも嬉しいポイントです。

電気毛布など、付けっぱなしで寝て体が温まりすぎて寝起きが最悪だった・・・なんて経験はないですか?私はよくあります。

そんな失敗も簡単に防いでくれる湯たんぽをおススメします。

私は、湯たんぽをぬいぐるみに入れて使うタイプを使用していました。ぬいぐるみに守られて、熱すぎるなんてことはないですし本当にちょうどよい温かさが続くんですよね。

何より見た目がかわいくて、とっても癒されます。湯たんぽはお尻に敷くと効果が高いなんて聞いたことがありますが、ぬいぐるみタイプだと可哀想で私は、お腹に乗せていました。

湯たんぽの種類で温める場所を変えてみるのもいいかもしれません。

毛糸のパンツを履く

毛糸のもこもこのパンツを常に履くように意識していました。腹巻がついているタイプがオススメです。

100円ショップなどでも購入できますよ😊今の季節は店頭に置いていない可能性が高いので、通販などで購入するのがオススメです。

毛糸のパンツってなんだか子どもっぽいイメージがあるかと思いますが、そんなことはなく妊活をされている方には特に履いてほしいなと思います。

何故かといいますと、お腹や腰回りの下半身を温めることで、血流がスムーズになり熱を子宮へ送る事が出来ます。

子宮の血流は着床しやすい子宮内膜を作るためにとても大切です。血流が滞っていると、子宮内膜が育ちにくいそうです。

子宮内膜が薄いと着床しにくくなる恐れがあるので、結果的に下半身を温めることはすごく重要なんだそうです!

だから温活って大事なんだなぁと日々勉強してて思いました・・・💦

毛糸のパンツは実は昔から母に言われて履いていたのですが、まさかこんな効果があるなんて知らず。寒いからとりあえず履いとけの精神でした。

結果的に、いろいろな温活が積み重なって妊娠につながることが出来たのかなぁと思います。

皆さんも是非、日々の妊活に取り入れてみてください!私も引き続き温活を継続してみようと思っています。

最後に

妊活においてストレスを溜めないこと体を温めることって本当に大事なんだと、妊娠を経験してみて強く実感しました。

早く子どもが欲しいと焦ったり、周りと比べることで躍起になって、ストレスを感じてしまっていました。

自分のことを客観視した時、ストレスを感じすぎているなと思い、そこからストレスを溜めないように行動していました。

例えば、好きなものを食べたり大好きなゲームをして遊んだりちょっと書道のお稽古から離れてみたり・・・。

とここでは書ききれない自分にとってのストレス発散法や、ストレスの回避をたくさんしました。

温活も、体を温める食べ物や飲み物を意識的にたくさん摂ったりしました。

その小さな日々の積み重ねが妊娠に繋がったのかなと思います。

再三言いますが、結果的に流産になってしまったけれど、妊娠できたことには変わりないですから…!(必死)

もし流産された方がいても自信をもって前を向いて欲しいと思っています。

そしてこの記事を見て少しでも、参考になれば本当に嬉しいです。

一緒にまた妊活頑張りましょう。
私も頑張ります・・・!!気負いすぎない程度に・・😉

ここまで読んでくださってありがとうございました✨

ぼんぐ

応援のクリックをしていただけますと本当に励みになります🙏

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です