【年の差婚】18歳差でも仲良し夫婦でいられる5つのコツ

歳の差夫婦って、どんな印象がありますか?前回の記事『【年の差婚】周囲の反応と反対されたときの対処法について』でもお話しした通り、やっぱりよく聞くのはマイナスな印象なんじゃないかと思います。遺産目当てだとか、そういうのです。

私たち夫婦はというと、周りの人からも仲良いよね〜とか、幸せそうでいいなぁ〜なんて言われます。

半分お世辞なんじゃ、とは思いますが仲良さそうには見えてるのかな?なんて思います。

実際、私たちは仲がいい方なんだろうなぁ…と思います。

喧嘩をすることはほぼないし、これといった愚痴もなく、結婚して丸2年経ちますが、ずっと変わらずラブラブな毎日です。

自分で言うのも恥ずかしいですが、今でも毎日お互いに好きといい、かわいいだのなんだの褒めまくりデレデレしています。

どうしてこんなに仲がいいんだろうと考えたときに、いくつか思い浮かびましてきっとこれが仲良しのコツなんだなと実感しました。

そんな、私たち流の仲良し術をご紹介したいと思います

仲良し年の差夫婦でいるための秘訣

年の差カップルにおいて、年の近いカップルとは圧倒的に違うのは、生まれたときの環境や流行、時代ですよね。

年齢に差があることで、価値観や考え方などもより違うものになると思います。そんなことをひっくるめても仲良しでいられるにはどうすればいいのでしょうか。

私たち夫婦は、18歳離れており夫が年上側になります。

今回は、男性が年上の場合という前提でお話しさせていただきますが、奥様側が年上でも当てはまることもあるんじゃないかなと思います🎵

ジェネレーションギャップを楽しむ

生まれた時代が違いますので、当然ジェネレーションギャップが生じます。私がおぎゃーと生を受けた時、彼は18歳で当時働いていました。

私が幼少期に観ていたもの、聴いていた音楽は全く持って違うものなんです。でもそれが、面白くて面白くて仕方がないんです!

例えば、私が生まれる前や小さい頃に流行っていたアーティスト、当然私は生まれてないし小さい頃の記憶ですから、誰だかさっぱり分かりません

ですが、夫にとっては感受性が豊かな頃に聴いていたアーティストなわけです。

ぼんぐ

この人たちだれー?

うおー懐かしい!!!!!

毎回こうなるんです笑

私にとっては誰だか知らない人たちでも、彼にとっては思い出のアーティスト。そのギャップが面白くて、私はついつい笑ってしまいます。

逆に言えば、私が幼いころ見ていたものや遊んでたものは夫にとっては全く知らないもの。

某有名モンスター育成バトルゲームだって知りません笑

ジェネレーションギャップがありすぎて、笑ってしまいますよ!でもそれが楽しいんですけどね😆

おじさんっぽさも可愛さと受け止める

これだけ年齢が離れている訳ですから、年齢を感じさせる行動や言動があります。

くしゃみがデカいし、話題が古いし、最近の俳優さんは知らないし。良く忘れるし、お腹もぽよぽよだし、オジサン趣味だし。

挙げ出すとキリがないのですが、その一つ一つがとっても愛おしく思ってしまうのです。

何ででしょうかね〜?無性に可愛いんですよね。おじさんだなーって思うんですけど、そこがまた癒されるというか…。

苦手な人からしたら考えられないかと思いますが、私はおじさんっぽいところも可愛くて受け止めちゃってます。

奥様側がそういった面も受け入れて、広い心で接すると上手くいくのかな、なんて思います。

ただおじさんな訳ではなく、知らないことも沢山教えてくれるので、発見があったり知識が広がったりで、楽しく過ごす事もできます!そういうところも楽しいです。

一緒にいて楽しいと、関係も良好になって仲良しに繋がってるんだろうなと思います。

ぼんぐ

おじさんっぽさが、また可愛い😊

昔の話をせず、今と未来の話をする

ムスカリの花言葉の一つに『明るい未来』があるそうですよ~

生きてきた時代がまるで違います。18年もあったら色んなことが目まぐるしく変わると思います。

ジェネレーションギャップが面白かったり、色々な話を聞くのはもちろん楽しいのですが、やはりついていけない話題がほとんどです。

ぼんぐ

何の話をしてるんだ?

なので、わざわざお互いが分からない話をする意味は正直無いと思っています

私たちは、お互いの過去の話や子どものころ好きだったものの話ばかりをするのではなく、今お互いが好きなものを話していることが断然多いです。

同じ趣味を持ち、同じものを観て聴いて語りあうようにしています。

そして、2人の未来についてを話しています。過去の話を聞いたり話したりするのも、もちろん楽しいですが、現在の好きなものを共有したり、未来の話をした方が楽しいと感じます。

実際、夫と出会ってからたくさんの新たな趣味に出会ったし、夫の好きなものを私も好きになったり、世界観が広がりました。夫もまた然り。

愛する人と好きなものが同じというだけで毎日幸せに過ごせるものなんだなぁ、とつくづく思います。

お互いのアドバイスをすんなり受け入れる

私は社会人になって、もう6年目ですが(20歳の時から働いてる)、今でも分からないことがたくさんあります。

プロジェクトによって任される仕事の内容に違いがあったりして、今はやっと落ち着いてきたところです。

色々な不明点や、改善点を教えて欲しい時、社会人経験の豊富な夫のアドバイスはとても参考になります

以前お付き合いしていた人はみな歳の近い人達で、アドバイスや改善点を言われても全く響かず、むしろムッとしてしまうことが多くありました。私のプライドの高さも影響してるとは思いますが…💦

そこから喧嘩に発展したり、空気が悪くなったりして、結局長続きはしなかったです。

その点、夫は歳も離れているせいか、優しく諭すように実のある的確なアドバイスしてくれるので、すんなり受け入れることが出来ます。

そして何より自分の成長に繋げることが出来ます

私からの意見やアドバイスなんかも、新鮮なのかよく聞いてくれますし、すぐ実践してくれたりしています。

お互いのアドバイスを素直に聞き入れられるのって案外難しかったりしますよね。その点、年が離れていると割り切ることが出来るのかなと思います。

何事にも全力で楽しむ

これが何より一番大事なのかなと思います。正直どんなカップル、夫婦にも当てはまることだと思いますが、私たちのような夫婦は特に当てはまるのかなと思います。

なぜなら、『世間一般的な普通の夫婦』とは少し違うから。

普通からはみ出ると、世間の目は何故か厳しくなります。風当たりも強くなります。

世間は『普通』が大好きだから。そんな中、私たちは今を全力で楽しむしかないのです。(実際楽しいからいいんですけど)

もし、後ろ向きなことを思っていたら、愛する人との今を全力で楽しんでください

周りの目を気にしたらダメですよ。どうせ他人なんですから、放って自分たちが楽しんでいる姿を見せつければ何も言って来なくなりますよ。

それよりも、楽しい面を見続けて欲しいと思います。他人の小言が気になるのは、仕方がないことです。

でも、それで暗い気持ちになるのってなんだか嫌じゃないですか?せっかく大好きな人と結婚できたのに!

年が離れていると何かしらの不便があるのは仕方ないです。でも、それも全部ひっくるめて楽しんじゃえばいいんだと思います。これが仲良し夫婦でいられるコツの一番重要なことかと思っています。

まとめ

以上が私たち流の仲良し術というか、秘訣というか・・・となっております。簡潔にまとめますと

  • ジェネレーションギャップも面白さと楽しく受け入れる
  • おじさんっぽいところも可愛さとして受け止める
  • お互いの昔話はあまりせず、2人の今と未来についてを話す
  • お互いの意見やアドバイスを真摯に受け止める
  • 世間体を気にしすぎず、何事も全力で楽しむ

こんな感じです!これを読んで、少しでも仲良くなっていただけると嬉しいです。

またこれから年の差婚をしようとしている方、色んな方の参考になればすごく嬉しいです。

もちろんご夫婦2人のことですので、当てはまらない方もいらっしゃるかと思います。こんな夫婦もいるんだな、などなど何かしらのヒントになればいいなと思います。

すべてのご夫婦が仲良く幸せに暮らせますように・・・。

ここまで読んでくださってありがとうございました🌼

ぼんぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です